PROFILE

Luanaの想い / プロフィール

…介護期…

パートナーは人間の何倍もの速さで年を取ると言われています。
ヤンチャで元気いっぱいだった子が気が付けば自分よりも年上になりシニアに入ります。
シニア期に入ると若い頃とは違いパートナーも家族にとっても生活リズムは変わっていきます。

この時期をネガティブに捉えずに……
喜びを感じて過ごしていきませんか?

元気に走り回ったこと
一緒に眠ったこと
一緒に笑ったこと
一緒に泣いたこと
          一緒にお出掛けしたこと
怒られてしょんぼりしてる姿に笑ったこと……

たくさんの「幸せ」「笑い」「癒し」を与えてくれたことに
感謝し、すべてを受け入れ一緒に今を生きませんか…

ルアナはホリスティックケアを大切にしています。

人もワンコも同じ…
こころと体は繋がっています。
ストレスで免疫力が低下し、自然治癒力が
うまく働かなくなってしまうと
病気になりやすくなります。
パートナーも心と体のケアが大切だと思います。

PROFILE

ご訪問いただき有り難うございます。
Luana代表 山本和美と申します。
大阪出身、酉年、A型、元歌手、エステティシャン資格有りのワンコ大好き人間です(*^^*)

(若くはないです(笑))

母がワンコ好きで幼い頃から家にはいつもワンコが居ました🐶🐶

20代の時、仕事をしながら動物看護士の通信教育も受けてましたが本業が忙しく中断。
その後、仕事を掛持ちで大手ペットショップでバイトをするも……実態を知りショックでペット業界から遠のきましたが、それでもいつかワンコに携わる仕事がしたい!と強く思っていたので興味があることは勉強していました。

2008年、母の病気がきっかけで実家のジュンとチコ(シーズー)を引き取り一緒に暮らすことになり大変ながらも楽しい日々を送っていましたが…2018年の夏に最愛のジュンと突然のお別れがやってきました(;_:)
その経験から心の準備をする時間の有難さや介護する時間の大切さに気付きました。

近所のワンコをお預かりしたり、シャンプー、アレルギーのケアなどしていましたが…
老犬介護士資格を取得しLuanaを立ち上げました。
皆様のお役に立てれば幸いです。
なんでも気軽にご相談くださいm(__)m







保護犬・猫との出会い

余談ですが……

20代の時、職場のスタッフが目も開いてない仔猫を保護したけれど、お世話が分からないってことで私が一時預かってお世話することになったのです。
これが保護猫をお世話する初めての経験でした。
哺乳瓶でミルクを飲ませ排泄させて毎日職場にも連れて行きました。
だんだん目が開いてきて自力でウンチした時は感動でした‼
すっかり情が移ってしまい手放せなくなって我が家の子になりました(^^)
たくさん苦労もかけましたが、ボーちゃんは23歳まで生きてくれました。

同じ20代の時…
ある日、母から「ペットショップでシーズーの仔犬を買ったんだけどね……」と連絡があり会いに行くと、なんと!ジステンパーにかかっていました。
売られている時から病気だったんですね💦
その後の世話は大変でしたが、この子も奇跡を起こし13歳まで生きてくれました。

せっかくの縁なので返す選択肢は無かったですが、もし返していたらどうなったのかな…
気になった私は色々と調べました。
すると、だいたいは処分されると言う悲しい現実が…
それから、保護犬や猫がたくさん居る事を知りました。
飼い主さん自ら保健所に持ち込んだり…
悲しい思いを背負ってる子がたくさん居ることに驚きました。
そんな中、保護活動の存在を知り私もいつか里親さんになれたらな~と思うようになりました。

その後、色んな出会いがあり時が流れ……
空ちゃんに出会えたのです。
空ちゃんは繁殖引退犬です。
2016年9月に家族になりました(*^^*)

この子達から、たくさんの感動と喜びをもらっています❤❤❤
保護猫や保護犬を家族に迎える選択肢もあることをたくさんの人に知ってもらえると嬉しいです。